プラグイン(サイトを強化)

EWWW Image Optimizerの設定方法|画像圧縮でサイトが軽量化できますよ。

「このサイト、なかなか表示されないからもういいや・・。」

「読み込み時間が長いサイトってイライラするよね(怒)」

 

サイトの表示速度が遅いと検索ユーザーに離脱されてしまいます。

 

また、Google先生の評価基準である「遅いより速いほうがいい」に反してしまいます。

出所:Googleが掲げる10の事実

[char no=”3″ char=”Aボーイ”]画像は容量が大きいから重くなるよね。[/char]

[char no=”1″ char=”兵士長”]ただ、記事作りに画像は必要だ。[/char]

記事を作るにあたって画像の使用は絶対に必要です。

 

文字ばかりで画像のない記事はそれはそれで読んでもらえません・・。

 

とすると、「画像を使っても重くならない方法はないか?」ってことになりますよね。

 

そんなときに便利なプラグインがここで紹介するEWWW Image Optimizerです。

EWWW Image Optimizerの導入

EWWW Image Optimizerは画像を綺麗なまま圧縮保存できます。

[char no=”3″ char=”Aボーイ”]容量を小さくしておけば、読み込みにも時間がかからないよね。[/char]

[char no=”1″ char=”兵士長”]便利なプラグインなので導入しておこう。[/char]

 

プラグインの新規追加

ダッシュボードの左サイドバーにある「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

 

プラグインの検索

検索窓に「EWWW Image Optimizer」と入力して検索します。

 

 

プラグインをインストール

上図のようなプラグインが出てくるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

プラグインを有効化

インストールが完了したら、続いて「有効化」をクリックします。

 

これでEWWW Image Optimizerの導入は完了です。

 

 

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizerの機能は次の2つです↓

 

・新規画像の圧縮(自動)

・既存画像の圧縮(手動)

 

 

新規画像は自動圧縮

これから追加する画像は自動的に圧縮されるので、とくに設定は必要ありません。

 

既存画像の圧縮方法

EWWW Image Optimizerを導入する前にアップロードしていた画像はまだ圧縮されていません。

 

以下、既存画像の圧縮方法を説明します。

 

ダッシュボードの左サードバーにある「メディア」→「一括最適化」をクリックします。

 

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします↓

 

「最適化を開始」をクリックします↓

私の場合は479個の画像を圧縮しましたが、ものの数分で完了しましたよ。

 

 

まとめ

この記事では画像圧縮プラグインの「EWWW Image Optimizer」の使い方を解説しました。

 

画像を圧縮してサイトを軽量化することで検索ユーザーに快適な環境を提供できます。

 

それと同時に、Google先生の評価項目も満たすことができ、SEO対策にもなります。

 

必須プラグインの1つなのでまだインストールしていない場合は導入をオススメします。